【映画】ラストレター 岩井俊二監督

パンフットを賀って、岩井俊二監督作品の一覧を眺めていたら、きちんと観た映画は「Love Letter」だけだったことに気づいて愕然とした。
好んで観ていた、という記憶は虚構だったのか。
本作も、岩井俊二なら観にいかなくちゃ、と思っていたはずなのに。

そんな私ですが、本作はとても良かった。
途中までは、ちょっと・・・このまま手紙のやり取りで引っ張るのは無理筋だろ〜と不安になったし、そもそも松たか子演じる大人裕里の行動が当初え〜っていう感じで、これはだめなやつか?と。だいたい、20〜30年振り程度の同窓会で姉と妹の区別が付かないはずはないだろう。

しかし、途中から、ああそういうことか、となっていき、前半の展開も必要だったのだとわかった。
何というか、切ないというか、甘酸っぱい思春期の想い出とか、大人になってからの辛さとか、色々な要素が混じり合って、心が洗われたような気分になった。

松たか子、福山雅治、広瀬すず、神木隆之介といったもう実績のある人たちはもちろん素晴らしかったし、森七菜(声は「天気の子」で聴いていたが)も楽しみな若い人が出てきたなーという感じで良かった。

最近心が疲れているので、もう一回観に行きたいな。
ラストレター 増量立ち読み版 映画スチール付【文春e-Books】
ラストレター 増量立ち読み版 映画スチール付【文春e-Books】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント