ソーシャル・ネットワーク(試写会)

いつも試写会を当ててくれる友人とともに一ツ橋ホールへ

映画館で予告を見たときは,SNSがはやりなのでそういう題材の映画が出てきたんだな~程度に思っていたが,デヴィッド・フィンチャー監督と知り意外に感じた。

デヴィッド・フィンチャーの撮る題材ではないような,と。
猟奇的犯罪者出てこないし(^_^;)とか。

でも違った。
主人公マーク・ザッカーバーグはもちろん犯罪者ではないが,普通の人とは違う,という点では共通している。(現実の本人がどうだかは別だが)
過去と現在を交互に描く構成も面白い。映像もスタイリッシュ,音楽も印象的。登場人物たちのギスギスした感じがスリリング(みんな早口!)
双子の兄弟は実は一人の俳優を合成して二人にしているなんて,妙なこだわり(笑)

結局デヴィッド・フィンチャーならでは,という映画になっています。
フェイバリットという程ではないが楽しめた作品。

しかしこの映画。
史上最年少の億万長者の話を実話に基づき脚色したものではあるが,体育会系(しかも金持ち)と文系ヲタク(貧乏)の対立とか有名になって振られた女の子を見返してやりたいという古典的テーマを軸にすえた,実はオーソドックスなお話なのかもしれない。


フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
日経BP社
デビッド・カークパトリック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック