島本理生×井嶋ナギトークショー

島本理生さんの新刊「あられもない祈り」を購入するにあたり,どうせならサイン会でもないかな,と探したらトークイベントが!

正式名称は

第42回西荻ブックマーク
島本理生×井嶋ナギトークショー
「衣装としてのキモノ、文学としてのキモノ」

です。
「西荻ブックマークは、本好きたちの思いつきから生まれた“本をめぐるマンスリー・イベント”です。」とのこと。
西荻窪駅近くのこけし屋別館2階で行われています。

定員100名,自由席なので前から2列目に。1番前も空いてたけど,そこは奥ゆかしく^^;
着物が題材だからでしょうが,お客さんの9割は女性,キモノの方も若干おられました。

お二人とも和服で登場。
後にリクエストに応えて後ろ姿を見せてくれましたが,理生さんの帯,花をあしらった白色のものでとてもカワイイ感じでした。

トークショー1部はお二人と和服の関わりや宇野千代さんを始めとする作家さんと着物にまつわる話など。着物を着たときの失敗談は,申し訳ないけど楽しかったです(^o^)。
理生さん,猫背にならなくて良いんです!

2部が映画と着物ということで,映像を見つつ。井嶋ナギさんの好みが爆発してました。しかし理生さんのお母さんが映画に出演していたとは!しかも助演級じゃないすか!!驚きでした。

その後質問コーナー。
このとき先程の帯を見せてくれたわけですが,帯の花はわざと何の花か特定できないデザインなんだとか。特定の花だと使える季節が限られてしまうからだそうです。
なるほどっ。

2時間近く,とても楽しく話を聞けました。

その後にサイン会。
「雨の中来ていただいてありがとう」と言ってくれたり,話しかけると気さくに答えてくれたり,好感度ぐんとアップです。

私は「ナラタージュ」がすごく好き(生涯ベスト5に入るくらい)なので,今回の「あられもない祈り」にもナラタージュ同等の読後感(それは決して爽快感などではなく,痛いほどのせつなさなのですが)を期待してしまうのですが・・・
でも,あまり先入観はもたずに読み始めたいと思います。

島本理生さん,井嶋ナギさん,スタッフの皆さんお疲れ様でした。
2010/05/23 17:00pm こけし屋別館2階

あられもない祈り
河出書房新社
島本 理生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック