VMware Fusion6でWindows10

MacBook Pro(非レティナ13インチ)に入れているVMware Fusion6.0.4で動かしているWindows8.1をWindows10にアップグレードしたレポートです。

Windows8.1は特に活用しているわけではなく、手持ちのWindows機がまだVistaのため、8の操作に慣れようと時々いじっている程度でした。ちまたで販売されているパソコンもほぼ10搭載になったので、10にアップグレードしようと(無料ですし)いう気になりました。

心配なのは私の使っているFusionはバージョン6.0.4である点。公式に対応しているのはバージョン8ですが、アップグレード価格は6290円…5から6へのアップグレード価格が3770円だったのを考えるとお高い…

そこでネット上で情報を探すと、6でWindows10を動かしている人がけっこういるのを発見。その情報に沿って作業してみました。

(手順)
1 Fusion6.0.4を6.0.6にアップグレードする(Fusionの更新の確認メニューからはなぜか更新できないので、VMwareのHPからVMware Tools込みのdmgファイルをダウンロードします)
2 dmgファイルをマウントし、インストール
3 Fusionを起動し、「仮想マシン」メニューからVMware Toolsをインストール
4 Windows8.1を起動する。(ちなみに、通常のWindows機でUGを行うデスクトップ画面で右下に表示される小アイコン”田”をクリックすると、SVGAドライバが対応していないのでインストールできないと表示される。が、気にせずこのウインドは閉じる)
5 マイクロソフトのWindows10アップグレードサイトから、アップグレード用のISOファイルをダウンロードする。
6 ダウンロードしたISOファイルをDVDに焼く。
7 完成したDVDをダブルクリック、Windows10のアップグレードが始まる。言語は日本語を選択するなどいくつか入力する画面があるが、特に難しい点はない。何回か再起動があり、止まったままに見える時があるが、あせらずひたすら待つ。→完了!

5~7まで、約5時間かかりましたが、無事インストールできました。
ちょっと動作がもっさりしていますが、Macのメモリーが4GBしかないから仕方ありません。Microsoft Edgeでウェブ閲覧もできたし、エクセル2010を起動することもできました。練習用としては充分です。

ところで、私のMacOSは10.9.5(Mavericks)ですが、Windowsも10にしたことだし、最新のEl Capitanにしたくなりました。無料だし、Fusion6.0.6も動くとの情報もあったので。
それはあらためて書こうと思います。

Windows 10完全制覇パーフェクト
翔泳社
橋本 和則

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Windows 10完全制覇パーフェクト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"VMware Fusion6でWindows10" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント