【舞台】CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~【原作・脚本・作詞・演出 藤沢文翁】

2022/06/11 昼の部
シアタークリエ
第一幕13:00〜14:05
休憩25分
第二幕14:30〜16:15

純粋なミュージカルはあまり観ない(ミステリーやSFが絡めば観る)私ですが,乃木坂46の早川聖来さんが出演するので観に行ってきました。
IMG_1416_Fotor.jpg
そんな私でも,生の歌声,演奏,演技の迫力には圧倒されました・・・。
ストーリーも,公式HPのあらすじだけで,音楽にまつわるお話かなと思っていたのですが,色々な愛憎が絡んだ人間ドラマで引き込まれました。
私は特にお母さんの愛情に胸を打たれました・・・
執事さんの愛,エリザの愛も深い・・・

早川さんが演じたのは「自由に音楽を愛するジプシーの娘」アーシャ。
重苦しくなりがちな物語の清涼剤というか,爽やかな風というか,そういう役割のキャラかと思いましたが,主人公パガニーニの最後の選択に関わる割と重要な役でしたね。今までの舞台から演技には全く不安は持っていなかったですが,期待どおりの芝居をしてくれました。セラミュで歌もいけるのはわかっていましたが,本格ミュージカルの中でどう聞こえるか・・・そこも私は及第点を超えていたと思います。低音から高音までしっかり出ていたし,表現力もあった。声量がもう少しあればベストかな。

早川さんがこの先ミュージカルや舞台を目指すのかはわかりませんが,十分できるだけの力量は備えていると思います。

あ,ストーリーについて,パガニーニの最後の演奏ができた理由わからなかった!
本作もディスク化か,せめてWOWOWで放映してもらえるとありがたいのですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント