【映画】『ファーストラヴ』【原作島本理生・監督堤幸彦】

時節柄,映画館へは余程興味がある作品でないと中々行かなくなっているのだが,本作は絶対観に行こうと決めていた作品。

『ナラタージュ』(小説の)がすごく好きで,以来島本理生ファンだからだが,最近あまり小説を読む時間がなく,昨年の『Red』もそうだったが,本作も原作は読まないままでの映画鑑賞である。

観に行って良かった!

ラスト近くまで重くて観ていて心が押しつぶされそうだったのが,「見上げると青空」なラストを迎えるとは。
小説との比較ができないのが残念だが,脚本も演出も良かった(堤幸彦監督は,趣味に走るとアレだが,仕事に徹すると堅実な演出をされる方と認識している。本作は良い堤監督)
主演の北川景子と芳根京子もはまっていたが,特に芳根京子は,難しい役どころを見事に演じたと思う。

重い問題を扱っているので安易に人に勧めるのは躊躇われるが,それでも本作のスタッフ,出演者の(特に芳根京子の)仕事っぷりが多くの人の目に触れてほしいと思う。

ファーストラヴ (文春文庫) - 島本 理生
ファーストラヴ (文春文庫) - 島本 理生

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント