ライブビューイング「欅坂46 3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」

2019/04/06 Sat 17:30

大阪で行われた欅坂46 三周年記念ライブ最終日のライブビューイングです。
都心ではなく、地元のシネコンで。

西野卒業コンサートLVのときと同じ劇場ですが、スクリーンを二つ使っていたので、キャパとしては欅の方が多い。現地のキャパが少ないため、LVの需要が増したというのはあるかも。全国的な動員はどうだったかわかりませんし、比較するようなことでもありませんが。

立つことになるか、座ってみるかは、結局当日周りがどうするかで、私は座って見たい派だけど、回りに合わせるくらいの協調性はあるので覚悟はしていったが・・・最初観客の三分の1位が立ち上がっていたけど、割とすぐみんな座った状態に。数人は立っていたかな、という感じ。私は座りっぱなしで、ほんと楽で良かった。

声援とかの盛り上がりはあったので、程よい視聴環境でした。

ライブの内容は、現地で見た人が書いてくれればよいと思うので、あまり書くつもりはないのですが、「シンクロニシティ」を演って、「黒い羊」はやらない、というのは明確な意思での選曲だったのだと思います。
考え抜いたセットリストであったはずで、私は満足度の高いものでした。

ネタバレなしで臨むために、1日目・二日目のセットリストを見ないよう、まとめサイトを覗くのは控えめにしていたのですが、タイトル自体に「シンクロやった!」と書かれてしまうと、どうしても目に入ってしまうじゃないですか。まるで交通事故にあったような・・・タイトルにネタバレ書いちゃうのはやめてほしいです。

どの曲も質の高いパフォーマンスでしたが、なぜか、「制服と太陽」で涙が出そうに・・・ほんとになぜかわからないのだけれど。

二期生もがんばっていて、興味を持てるメンバーも出てきました。
おもてなし会が楽しみ。

ライブビューイングは映像の乱れもなく、カメラワーク、音響も良かったと思います。
このままで円盤を売ればいいのにね。

武道館はアプローチを変えてくるのか。
興味深いところですが、こちらはチケット取れてないし、申し込み中の先行も当たる気が全然しないなぁ・・・

三日目セットリスト

overture
サイレントマジョリティー
世界には愛しかない
二人セゾン
音楽室に片想い
僕たちの戦争
渋谷川(小林ソロ)
Nobody
手を繋いで帰ろうか
制服と太陽
誰のことを一番 愛してる?(坂道AKB)
東京タワーはどこから見える?
結局、じゃあねしか言えない
ごめんね クリスマス
ヒールの高さ
100年待てば(長濱ソロ。バックダンス全員)
アンビバレント
風に吹かれても

(アンコール)
シンクロニシティ(乃木坂46)
危なっかしい計画

【ダブルアンコール】
W-KEYAKIZAKAの詩

17時35分ころ開演
19時25分ころ本編終演
19時45分ころアンコール終演
20時ころWアンコール終演

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック