DIGA DVDドライブ交換

パナソニックDIGA DMR-XW30-S のDVDドライブ交換修理のレポです。

購入後9年経過しているので,5年の延長保証期間も過ぎています。ブルーレイレコに買い換えを考えてもいいところですが,HDDに保存したい番組が残っており,家族の希望で修理依頼することにしました。

【症状】
DVDディスクを認識しない。ディスクを入れると5回駆動音がするが,画面に「読み込みできません。ディスクを確認してください」と表示される。
評判の良いエレコム製レンズクリーナーCK-DVD9を使用するも回復せず。

【修理依頼】
パナソニックのwebから出張修理を依頼。CLUB Panasonicに入会しなくても依頼は可能ですが,なぜか送信エラーになったので,入会した上で再度トライしたらすんなり依頼できました。
このときに出張希望日も指定できるので,4日後を指定。受付完了メールが送信されます。そのわずか10分後(!)に,修理拠点から確認の電話が入りました。

【見積もり】
ほぼ時間どおりに担当者到着。例の駆動音を聞き「この音が出ているとドライブ自体の交換が必要です」とのこと。レンズクリーニングで済まないかと期待はしていたのですが……
見積もりは\22,464とのこと。2万円前後なら即決と決めていたので,交換をお願いする。

【修理内容】
ガワを取り外し,DVDドライブを固定するネジ3つを外す。接続している2本の薄いケーブルも取り外す。担当者が持参したドライブと入れ替え,ケーブルを挿しなおしてガワを戻す。5分もかかりませんでした。
なお,当然のことながらHDDが消去されるようなことはありません。

【明細】
部品代 \12,000(型番はVXY1959)
技術料  \6,300
出張料  \2,500
消費税  \1,664
計 \22,464

後日振込での支払になります(請求書は10日から2週間で送付されるとのこと)。

ドライブについてはヤフオクで\11,300で売られているようなので,まず妥当な価格かと。ケーブルの扱いにさえ注意すれば自分で交換することは可能だと思いました。また壊れたときは……たぶん買い換えると思いますが(笑)
(↓これ欲しい↓)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック