LOOPER ルーパー(映画)

大雪だ!
さあ,街へ出よう(ただし徒歩で)!

予告編を見ると観たくなる映画「LOOPER ルーパー」に行ってきました。
なんか映画史に残る斬新なSFのような宣伝。
一抹の不安を感じつつ,観なきゃわからん。
(今日はTOHOシネマズディで1000円だし)

===========
(以下,ネタバレというほどではないが注意)

私の受けた印象は「ミニシアターでの公開だったら,意外な拾い物だったと誉めただろうな」という感じ。派手派手な超大作ではなく,佳作(良い意味で)。
SFというより主人公の魂の救済を描く映画。ターミネーターみたいなアクションのごとく宣伝してはいけない。

憎しみと復讐の永遠の「ループ」を閉じるにはこの方法しかなく,それにはタイムトラベルというアイテムが必要だったのだろう。もう一個のアイテムは必要だったのか(絵的にはこちらの方が面白いが。フューリーみたい…)と思ったが。

主人公がルーパーという殺し屋で,感情移入しにくい悪人として初めは描かれるのも,ラストへ向けて必要なことだったんだな。
宣伝による先入観がなければもっと楽しめたと思う。

しかし,ジョゼフ・ゴードン=レヴィットは作品に恵まれているなぁ。
記憶する限りハズレ無し。

帰ろうとしたら電車止まってる(>_<)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Looper [Blu-ray] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック