源氏物語 千年の謎(映画◆ 生田斗真、中谷美紀)

歴史物が好きなので。

うーん、それなりに楽しめたけど、脚本にもう少しがんばってほしかった。

源氏物語は、紫式部の藤原道長への想いが込められているという説に基づくストーリー。
王様のブランチ(^_^;でそう紹介されていたので、その前提で観ていたけれど、映画だけだと気づかなかったかも。そもそも式部と光源氏は、その行動はあまりシンクロしてるわけではないしなぁ。

だからラストも式部が光源氏だけを苦しめ続けてゆくような、悪い印象を受けてしまいます。
式部自身の苦しさ、切なさというものが出てないから。

安倍晴明は要らないかなぁ…

それと濡れ場はもう少し激しくてよかったのでは。
源氏物語なのですから(笑)

あとは現実世界と物語世界を、映像の色彩を全く変えるとかして分けた方が良かったように思いました。
(源氏物語を知っていれば混乱することはないのだけれど)

俳優さんは良かったと思う。特に田中麗奈は新境地を感じました。ヒガシはやっぱりヒガシ以外の何者でもないのですが(笑)。

十二単の衣擦れの音をきちんと拾っているあたり、こだわりなんでしょうね。
和装の衣擦れの音って、好きなんです。衣装やセット(CGも多いと思いますが)については映画らしくて良かったです。テレビのワイドショー的再現ドラマとは一線を画していました。

その辺が良いだけに、やはり脚本が惜しい。もったいないという思いが強いです。


源氏物語 オリジナル・サウンドトラック
avex io
2011-11-02
住友紀人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 源氏物語 オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック