AirMacで無線LAN>フレッツ光へ接続

(前回から続き)
MacBookProのAirMacからどうしても繋がらないわけです。

PPPoEの設定はあくまで有線LANのためで,AirMacの設定はせいぜいWEPを入力するくらい,正しいIPアドレスを自分で設定すれば繋がりそうな…でも素人がIPアドレスなんぞ,設定できませんがな。

プロバイダやらバッファローのHPを読みまくるもAirMacの設定の記述はなく…。ネット上で検索してもWEPを入力すれば接続できる,くらいの情報しかない。

いや待てよ,ということはAirMacで苦労している人はいないということ?
そこで原点に戻ってよく考えてみる。

WHR-G54のマニュアル(紙一枚ですけど)を読み返すと「AirStationを使ってインターネットに接続する場合,PPPoE接続ツールは必要ありません」と書いてある!
さらに「インターネット回線がフレッツなどPPPoE接続の場合は,初回のみユーザー名とパスワードの入力画面が表示されます」とある!!

その画面,見てないぞ。
AirStationの設定画面はIPアドレスを直接打ち込むことで表示されるはず。しかし試みるも設定画面が表示されない!万事休すくゎっ。
そこではたと気づく。AirStation唯一のスイッチ。
ブリッジモードとルータモードの切り替えが,ブリッジモードになっている!
ルータモードに切り替え,再度設定画面に入ろうとすると…入れた!

自動的に回線を光と判断して,ユーザーIDとパスワードの設定画面に移行。入力することで,AirMacでの接続が可能になりました!

いやーいつからブリッジモードになっていたんだろう。
ADSLの時代からどうも複数台のアクセスがあると切断されたり不安定だった。今回フレッツ接続ツールで接続していても,先に誰かが接続していると接続できなかったり変な感じだったもの。

結局どのパソコンにもフレッツ接続ツールのインストールは必要なく,AirStationにユーザーIDとパスワードを設定すれば良かったわけだ(万が一有線接続するために,インストールしておいても損はないけど)。NTTの人が言い残していった言葉に惑わされた感があるなぁ。

解決してしまえばなんてことはないですけどねぇ・・・。
現在は安定しており,早いし便利。
実効速度はADSLの200KB/secから2000KB/secと約10倍に高速化されました。光にしては遅い感もありますが,nにすれば速くなるのだろうか。

まあ,それはいずれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック