ミクロの決死圏(午前10時の映画祭)

重要な情報を持つ亡命者が襲撃され脳内出血で意識不明に。
手術不可能な位置にある血腫を除去するため,軍は潜水艇と医師を縮小して患部に送り込むが,縮小のタイムリミットは60分・・・

1966年製作のアメリカ映画
私にとっては子供の頃テレビ放映で観た懐かしい作品です。(淀川長治さんの日曜洋画劇場でやってた記憶です。あれ,水曜のほう?)

それが今,TOHOシネマズで開催されている「午前10時の映画祭 何度見てもすごい50本」の1本として上映されています。先週の「2001年宇宙の旅」は諸般の事情で見に行けませんでしたが,今週は時間もあるし…
なによりラクエル・ウェルチですから!(^^)!

スタッフもラクエル・ウェルチの使い方を良くわかってらっしゃる。
お見事。!(^^)!

本来の見せ場であろう体内描写も現代の鑑賞に充分堪えるものでした。
血球の描写とか,今ならCGでちゃちゃっと作れるだろうけど,当時のスタッフは知恵をしぼったんだろうなと思います。
医学的正確性より,映画にはイマジネーションが大事ですな。

それにしてもTOHOシネマズのこの企画,結構なことだと思います。
シネコンは同じ映画ばっかりとか批判する評論家もおられるが,スクリーン数が増えればこういう企画をする余裕も出てくるわけで,シネコン隆盛は映画にとっては良い状況だと思えるのですが。


ミクロの決死圏 (ベストヒット・セレクション) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007-10-24

ユーザレビュー:
原案は手塚アトム?  ...
当方もCGによるリメ ...
ファンタジーなSFス ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミクロの決死圏 (ベストヒット・セレクション) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック