はじめての…オペ!(霰粒腫)

21日の夕方左瞼霰粒腫の切開手術を受けました。

ものもらいの固まりをちょっと切って出す程度の認識だったのですが、本格的な手術でした(^^;)
パンツ一枚になり手術着を着て、車いすで手術室へと運ばれます。
おおっ医龍(見たことない)か白い巨塔(田宮版も唐沢版もリアルタイムで見た)まんまや!
どこからかクラシックが流れている。
血圧、心拍数、心電図を取るコードが付けられる。
眼球用の麻酔薬は目薬、まぶたは注射で麻酔。この注射痛い。
そして切開されているまぶたは何も感じないんですが、保護用に眼と瞼の間に入れられた板(?)が痛い!
まぶたの血を拭かれるたびに板(?)が眼球に食い込んで(るような気がして)痛い!
そのとき「吐け!」と言われたら何でも自白しそうに痛かったです。

あんまり痛くて右目も開られなくなり、結局予定外の入院に。
病院のご飯はちょっと薄味だけどおいしかったです。
(痛みは一晩寝たらとれました)

先生ありがとうございました。抜糸もよろしくおねがいします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック