7月同盟@CinemaShow

アクセスカウンタ

zoom RSS 舞台「スキップSKIP」(深川麻衣、原作北村薫)@サンシャイン劇場

<<   作成日時 : 2017/05/04 07:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/03午後5時開演(上演時間2時間5分)
画像
私のブログを読んだことのある人は「まいまいが主演だから観に行ったんでしょ!」と言われそうだが、私は北村薫氏のファンでもある。
基本的には「私と円紫さん」シリーズのファンで(「秋の花」が毎年読み返すくらい好き)、今回の舞台の原作「スキップ」と三部作をなす「ターン」「リセット」の「時と人」シリーズは何年も読み直していないのが現実ではあるが、それでも映像化されることの少ない北村作品(「ターン」が映画になったことがあるくらい?それも観てないし)、どうやって舞台化するのか、興味がそそられるのは事実。だから深川麻衣さんが主演でなくても観に行ったと思う。

ただ、深川の存在が背中を押したのは事実。乃木坂の三推しだったまいまいである。でも、原作どおりなら、始めの5分で主人公の17歳を演じる深川の出番は無くなるはず。42歳の主人公を演じる霧谷大夢さんとのダブル主演となっているが、深川は単なる添え物になっているのではないか……そんな不安を持って観劇に臨んだ。

しかし……
不安は杞憂に終わった。
なるほど、こういう手法があったのか!目から鱗である。
まいまい、ほぼ出ずっぱりである。きちんとダブル主演を果たしていた。
乃木坂時代と変わらないやさしい声は、しかし、劇場でもよく通っていた。ダンスも当然ながらうまい。台詞もまったく不安を感じさせない安定感高いもの。主人公の不安やがんばりがよく伝わってきた。

主人公にとっては深刻な状況であるが、適度にコミカルさもあり、楽しい舞台だった。
(コミカル部分の多くをやった生徒役の人が熱演!)

そんなわけでDVD予約してしまいました!送料込み込みで7700円と安いものではないが、メイキングとコメントなどの特典ディスク付なのでまぁいいかって。こういうのは勢いでいっちゃうのが良い(笑)。7月11日配送とのこと。
ああ、代引きなので、申込時お金は不要です。
私はそれに気づかず、終演後ダッシュでファミマのATMでお金を下ろしてきたんだけど、ちゃんと申込書にもゆうパック伝票にも代引きと書いてありますがな。

できれば本編はHDで保存したいので、NHKかWOWOWか衛星劇場で放送してほしいところです。

(5月4日追記)
北村作品の映像化は、「ターン」の映画化(2001,牧瀬里穂主演)のほか「覆面作家」と「スキップ」がTV化されているとのこと(別冊宝島「静かなる謎 北村薫」より)。また、本作は脚本・演出の成井豊氏(演劇集団キャラメル・ボックス)が2004年に舞台化しており、今回は再演となる。この点は今回のチラシに書いてあったのだが、忘れていた(笑)。なお、別冊宝島には2004年版上演前の成井氏のインタビューが掲載されている。なるほど、本作は「物語る」という手法を取っているのだな。)



スキップ (新潮文庫)
新潮社
北村 薫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スキップ (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
舞台「スキップSKIP」(深川麻衣、原作北村薫)@サンシャイン劇場 7月同盟@CinemaShow/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる